国際交流

国際交流

学生の海外派遣

口腔保健工学専攻・海外特別研修

歯学部口腔保健学科口腔保健工学専攻では、教養部および各専攻における、基礎から臨床、実践に統合する体系的学習を行い、「幅広い教養と豊かな感性」「問題提起、解決能力」「国際性」をもった者に学位を授与します。

グローバル時代においては、柔軟な思考をもって世界を俯瞰し、限りない可能性を求め、夢を見出すことこそが、次世代の歯科医療・歯科医学を切り拓くための原動力となるのです。そのために、本学全体で世界を舞台に医療分野で活躍する人材育成や人的交流にも力を注いでいます。歯学部では、国際的活動への入り口として、学生が研鑽する機会となる様々な海外学生派遣・受け入れプログラムを準備しています。口腔保健工学専攻では、「グローバル口腔保健工学実習」において台湾への海外特別研修を行っており、2015年からはすべての学部学生が海外留学を経験しています。

1年生の講義・実習

4回生からが100%

東京医科歯科大学はスーパーグローバル大学として、学部卒業までに海外経験・留学をした学生の割合を2024年までに歯学科で40%とすることを目標に定めています。本専攻はこの海外特別研修を行うことでほかの学科・専攻と比べても高い海外経験率になっています(表)。特に、2015年度の4回生からはすべての学生が海外経験を有しています。

データ:海外留学を経験した学生

  1回生 2回生 3回生 4回生 5回生
年度 2012・13年 2013年 2014年 2015年 2016年
研修先 台湾・韓国 台湾 台湾 台湾 台湾
対象学生数 14 14 11 17 13
参加学生数 13 11 10 17 13
留学経験率(%) 93 79 91 100 100

←横にスライドしてください。

研修日程

1日目

出国

2日目

●台北医学大学訪問、大学見学  
●歯科技工所見学

3日目

●台北医学大学にてカービングコンテスト  
●英語での課題プレゼンテーション発表

4日目

歯科技工所見学

5日目

帰国

2016年11月22日~25日 第5回台湾研修

5回生が台北医学大学を訪問しました。この回からプレゼンテーションについても評価が行われ、日本について発表した班が2位になりました。

2016年11月22日~25日 第5回台湾研修

2015年11月24~28日 第4回台湾研修

4回生が台北医学大学を訪問しました。

2015年11月24~28日 第4回台湾研修

2014年11月11~15日 第3回台湾研修

3回生が台北医学大学を訪問しました。この回から一緒にカービングコンテストを行い、技を競いました。英語によるプレゼンテーションを行いました。

2014年11月11~15日 第3回台湾研修

2013年11月25~29日 第2回台湾研修

2回生が台北医学大学を訪問しました。この回からネイティブ教員による英語プレゼンテーション指導が行われ、その成果を英語で課題プレゼンテーションしました。(Annual News レポート6)

2013年11月25~29日 第2回台湾研修

2013年11月12~15日 大韓民国(高麗大学)研修 (3年生)

本専攻と同じく4年制歯科技工士養成校である高麗大学を3年生(1回生)が訪問し、課題英語プレゼンテーションを行いました。大韓民国の歯科技工所と診療所内技工室も見学しました。

2013年11月12~15日 大韓民国(高麗大学)研修 (3年生)

2012年11月18~22日 第1回台湾研修

第一回となる海外特別研修にて。台北医学大学では大歓待を受けました。大学や歯科技工所見学を行い、英語で課題のプレゼンテーションを行いました。

2012年11月18~22日 第1回台湾研修

口腔保健工学専攻・海外研修奨励賞

毎年、海外研修奨励制度で口腔保健工学専攻から1名が選ばれ、2週間から最大1か月間海外研修に行くことができます。口腔保健工学エクスターンシップ単位として認定されます。翌年4月に口腔保健工学専攻学生に対して研修報告会を行っています。

研修先の例:
スウェーデン王国 ヨーテボリ大学歯学部
歯科技工学科
口腔保健工学専攻・海外研修奨励賞
  2013年度 2014年度 2015年度 2016年度
研修学生学年 3年生 3年生 3年生 3年生
研修年月 2014年3月 2015年3月 2016年3月 2016年9~10月
研修期間 1か月 1か月 2週間 3週間
研修先 スウェーデン王国 ヨーテボリ大学

←横にスライドしてください。

口腔保健工学専攻4年 豊田 真奈

私はスウェーデンにあるヨーテボリ大学で3 週間研修を行いました。大学では最新技術を用いた実習を行い、大学内技工所・歯科企業などの見学をさせていただきました。実習では学生たちの自ら積極的に学ぼうとする意欲に刺激を受け、見学を通して日本との歯科事情の違いを学びました。スウェーデンで活躍する日本の方に会う機会もいただき、丁寧な仕事ぶりに対する高い評価と信頼に尊敬し、将来について考えるきっかけにもなりました。先生方や学生のおかげでとても充実した日々を送ることができ、海外研修に参加しなければできなかった素敵な経験をさせていただきました。このような機会をくださった本学、並びに支えてくださった皆さまに感謝申し上げます。

(2018 年大学案内より)

口腔保健工学専攻4年 渡辺 舞子

私は海外研修奨励賞を利用して、スウェーデンのヨーテボリ大学の歯科技工学科で 2 週間研修させていただきました。大学で学生と共に実習を行い、スウェーデンと日本との文化の違いを感じ、そして日本とスウェーデンのそれぞれの良さに気づきました。また、大学内のクリニックを見学し、スウェーデンの医療保険の充実ぶりに驚き、また福祉政策が進んでいることも知りました。そのようなことが分かったのも、実際に自分の目でスウェーデンの実情を視察することができたからだと思います。 これからは、海外研修で学んだことを活かして勉学に励みたいと思います。今回このような貴重な経験をさせていただき、深く感謝しております。

(2017 年大学案内より)

海外学生受け入れ

口腔保健工学専攻・海外歯学部歯科技工学科学生の短期研修受け入れ

毎年3月ごろ、台湾の台北医学大学口腔医学院歯科技工士学科の学生(2~3年生、約10人)と教員が来日し、本専攻と交流しています。本学の見学や一緒に英語での講義を受けたり口腔保健理工学の実習を英語でやりとりしながら行ったり、歓迎会やカービングコンテスト、日本の歯科技工所や歯科関連企業の見学を行うプログラムです。自由時間には本専攻の学生が台湾の学生と一緒に観光をしたりします。その年度に台湾研修をした2年生を中心にして2年生から4年生までの学生が交流しています。
夏休み期間に台北医学大学3年生のうち希望する学生が本専攻で研究を行うため、短期留学してきます。2015年度は台北医学大学で選ばれた2名が来日しました。

第5回 2017年2月27日~3月1日 台北医学大学より学生17人受け入れ

台北医学大学の学生と一緒に口腔保健理工学や薬理学の講義を受け、実習しました。カービングコンテストでは本専攻の学生が1位と3位に入りました。

第4回 2016年2月29日~3月2日 台北医学大学より学生10人受け入れ

第4回 2016年2月29日~3月2日 台北医学大学より学生10人受け入れ

大学見学のほか、CAD/CAM実習や口腔保健理工学実習、摂食・嚥下障害の講義などを行いました。口腔保健工学専攻学生と台北医学大学学生とでカービングコンテストが行われ、1位から3位まで本専攻の4年生が独占しました。

第4回 2016年2月29日~3月2日 台北医学大学より学生10人受け入れ

2015年7月 台北医学大学より学生2人研究受け入れ

台北医学大学3年生2名が本専攻で材料の研究を行うため来日しました。英語で本専攻学生に研究発表を行いました。

2015年7月 台北医学大学より学生2人研究受け入れ

第3回 2015年3月2~4日 台北医学大学より学生15人受け入れ

口腔保健理工学や嚥下障害についての講義や理工学実習を一緒に行いました。また、今回から日本でも一緒にカービングコンテストが行われ、1位から8位まで表彰されました。

第3回 2015年3月2~4日 台北医学大学より学生15人受け入れ

第2回 2014年3月3~5日 台北医学大学より学生8人受け入れ

口腔保健理工学の講義と実習を英語で行いました。歯学部見学や病院見学が行われました。

第2回 2014年3月3~5日 台北医学大学より学生8人受け入れ

第1回 2013年2月27日~3月1日 台北医学大学より学生6人受け入れ

11月に訪問した台北医学大学から学生を受け入れ、交流プログラムが開始されました。初めての来日では、口腔保健理工学実習を英語で一緒に行ったり、大学や企業、歯科技工所見学を行いました。

第1回 2013年2月27日~3月1日 台北医学大学より学生6人受け入れ