口腔保健工学専攻で学びたい方

口腔保健工学専攻で学びたい方

東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科口腔保健工学専攻は、2011年4月に歯科技工士養成校のうち4年制大学として全国で2番目に設置された大学です。前身は1929年に設立された歯学部附属病院歯科技工士学校で、歴史は大変古いです。本学卒業時には歯科技工士国家試験受験資格を取得でき、学士(口腔保健学)を取得できます。2015年4月には大学院医歯学総合研究科医歯理工学専攻に2年制修士課程も設立されました。

一般入試の入学募集人員は8名です。そのうち私費外国人特別入試は若干名です。平成30年度から特別選抜入試が始まり、その募集人員は2名で、推薦入試と国際バカロレア入試があります。推薦入試で合格者が募集人員に満たない場合は、その欠員数を一般入試に含めて選抜します。また、2年次編入学制度があり、歯科技工士学校卒または大学・短期大学卒で2年次に編入することが可能です(募集定員5名)。

入試情報、入学案内の詳細は大学ホームページをご覧ください。

入試Q&A

Q1. 実技試験はどんなことをするんですか?

A1. 一般入試では事前に募集要項に公表されている課題について,油粘土を使って1時間で1つの立体を作っていただきます。
編入学入試でも同様に,油粘土を使って1時間で1つの立体を作ることを行っていただきます。課題は募集要項に公表されているものです。
実技試験で用いる油粘土は、新日本造形(株)の「かるい油土」です。入試課のホームページに写真が掲載されています。
使用することのできるものは、直定規1本とカッターナイフ1本のみです。
募集要項に公表されている課題について実際に同じ油粘土で練習し、高校の美術の先生など、他の人のチェックを受けてみてください。

Q2. センター入試での理科の試験科目は何をとったほうがいいのでしょうか?

A2. いずれの学科目でも結構です。教養部では生物、化学が必修になっています。学部の授業内容を考えると、物理、化学を勉強しておいたほうが講義内容の理解が早いことがあるかもしれません。

Q3.過去の編入学試験問題は公開されていますか?

A3.本学では、過去の試験問題の配布・販売等はおこなっておりません。
「編入学試験」の試験問題のみ、窓口での閲覧が可能です。
閲覧御希望の方は、必ず身分証明書(学生証・保険証等)をお持ちになり、入試課窓口(1号館西1階)までお越しください。
閲覧可能時間は平日8時30分から16時00分までとなっております。

編入生の声

市原 謙一
大学卒業後2年次編入
2回生
2016年3月卒業

 私は音楽大学を卒業し就職をしましたが、モノづくりをとおして人に喜んでもらう仕事をしたいと思い、歯科技工士資格取得を目指し、伝統と歴史が残る本学口腔保健工学専攻2年次編入をしました。2年次には1年次の専門科目も学ぶ必要があり時間に追われることもありましたが、3年次からの実践に即した歯科全般の授業や実習を受けたことで、歯科に対する知識がより深まりました。
2年制専門学校と異なり、本学では歯科技工士資格取得のための授業のみならず、臨床実習や研究など現場に即したカリキュラムが受けられるため自分に自信がつきました。今後は工学専攻で学んだことを生かし、活躍できる歯科技工士を目指してまいります。