特色ある学び3年次の学び

特色ある学び

3年次の学び

 3年生のカリキュラム例

前期:4月~9月

 
1 部分床義歯工学実習Ⅱ 歯冠修復工学応用 コミュニケーション学 歯科技工士と法律 科学英語Ⅱ
2
3 歯冠修復工学応用実習 歯冠修復工学応用実習 歯冠修復工学応用実習 歯冠修復工学応用実習
4
5
6      
7        
8          

←横にスライドしてください。

後期:10月~3月

 
1 矯正歯科工学 顎補綴工学 小児歯科工学 医療倫理 再建工学包括臨床実習Ⅰ
2
3
4 インプラント工学実習 口腔外科学 顎補綴工学実習 卒業研究Ⅰ
5
6
7    
8        

←横にスライドしてください。

 3年生の講義・実習

基礎分野(科学英語Ⅱ、コミュニケーション学)や専門基礎分野(歯科技工士と法律、口腔保健工学管理学、口腔外科工学、高齢者歯科工学、口腔保健工学特論、臨床咬合学)、専門分野(部分床義歯工学実習Ⅱ、歯冠修復工学応用、審美修復工学、インプラント工学実習、小児歯科工学、矯正歯科工学、発育口腔工学、顎補綴工学、医療倫理、卒業研究Ⅰ)と、後期からは再建工学包括臨床実習Ⅰが行われます。「部分床義歯工学実習Ⅱ」では金属床義歯、「インプラント工学実習」ではインプラントデンチャーなどより難しい技術を学びます。「審美修復工学」ではセラミック冠などの装置や最新のCAD/CAMシステムを用いて各種材料での製作物の製作理論を学びます。「顎補綴工学」では顎口腔、顔面の欠損に用いる補綴装置の構造と製作法を学びます。

部分床義歯工学実習Ⅱ

金属床義歯の製作をします。

部分床義歯工学実習Ⅱ

歯冠修復工学応用実習

ブリッジやファイバーコア、CRインレー、硬質ジャケット冠などを製作します。

歯冠修復工学応用実習

4年生が3年生に教える屋根瓦方式で歯科用CAD/CAMシステムやハプティックデバイスを用いたCAD実習、3Dプリンターを用いた造形などを体験します。

歯冠修復工学応用実習

審美修復工学実習

最新の審美修復について学びます。CAD/CAMシステムを用いてフレームを製作し、ポーセレンの築盛をします。

審美修復工学実習

臨床咬合学

口腔保健衛生学専攻実習室で手洗い実習や印象採得、フェイスボウトランスファーについて学び、半調節性咬合器に模型をつける実習を行います。

臨床咬合学

矯正歯科工学

歯科矯正に用いられる装置について学び、実際に装置を製作します。

矯正歯科工学

小児歯科工学

小児歯科治療と用いられる装置について学び、実際に装置を製作します。

小児歯科工学

顎補綴工学実習

顎口腔顔面部の欠損について学び、上顎顎義歯と眼窩エピテーゼの製作を行います。

顎補綴工学実習

再建工学包括臨床実習Ⅰ

4年から始まる本格的な臨床実習の前に基本的な歯科技工を行います。歯学部附属病院での各科ローテーション、臨床模型を使った歯科技工を行います。

歯冠修復工学基礎実習

実習風景

実習風景