歯科技工士が活躍するフィールド

歯科技工士が活躍するフィールド

歯科技工士が活躍するフィールド

様々な装置(冠、ブリッジ、義歯、矯正装置など)

歯科技工士とは?

歯科技工士は、歯科医師の指示のもと、患者さんのお口の中に入れる様々な装置(冠、ブリッジ、義歯、矯正装置など:左図)を作る、歯科医療従事者です。患者さん一人一人にぴったり合う人工の歯を作る、人の健康に貢献することができる専門技術職です。医師や歯科医師と同様、国家資格です。


歯科医師、歯科衛生士とともにチームを組んで歯科医療に貢献しています。また、医科-歯科医療連携において、例えば脳梗塞後に飲み込みがうまくできない患者さんが使う装置を歯科医師の指示のもと製作することで、チームの一員として働いています。
本学ではさらに、口腔保健を学び、口腔から健康に貢献する「口腔保健工学士」としての活躍が期待されています。

様々な装置(冠、ブリッジ、義歯、矯正装置など)
歯科技工士が活躍するフィールド

活躍の場・活躍している卒業生から

国内だけでなく海外でも活躍している歯科技工士がたくさんいます。

歯科技工士が活躍するフィールド

歯科技工所

歯科医院から受注して歯科技工を行うところで、個人経営から会社まで規模は様々です。

田村聡 2015年3月卒業1回生 株式会社メディナ勤務

田村聡
2015年3月卒業1回生
株式会社メディナ勤務

私は現在、グループ100人規模の歯科技工所で自費診療の症例をメインに歯科技工業務を行っています。歯科技工士として業務が始まれば新卒生であろうと、ある程度の技術や知識、スピードが求められます。本専攻では臨床実習として本学附属病院の症例を担当できるため、学生のうちからプロの歯科技工士としての心構えが出来ます。臨床実習での経験は就職した今でも役立っています。今後は本専攻で学んだ様々な教養を活かし、会社の管理業務を行っていく予定です。

歯科医院

歯科医院の中に歯科技工室があり、歯科医院を受診した患者さんの装置を作ります。


病院

大学附属病院や総合病院などの歯科・口腔外科などにある技工部で歯科技工を行います。

八巻知里 2015年3月卒業1回生 昭和大学附属病院歯科技工部勤務

八巻知里
2015年3月卒業1回生
昭和大学附属病院
歯科技工部勤務

私は現在大学病院で,クラウン・ブリッジ,義歯,インプラント,CAD/CAMを用いた審美修復など,様々な分野の技工を行っています.口腔保健工学専攻で学んだ知識や技術はもちろんですが,特に医歯学融合教育や附属病院での臨床実習の経験は,患者さんや歯科医師,他職種間の距離が近い院内技工室で働く上でこの先も役立つものと感じます.歯科技工士として質の高い歯科医療の提供に貢献できるよう,研鑽を続けたいです。

企業(歯科関連会社)

歯科関連機器や材料などを製造・販売している会社です。製品を販売する営業職、製品を開発する研究部門、製品の説明をするインストラクター、オペレーターなどの職種があります。

小野由貴奈 2016年3月卒業 2回生 ロッキー・マウンテン モリタ勤務

小野由貴奈
2016年3月卒業 2回生
ロッキー・マウンテン
モリタ勤務

私は矯正歯科の商社に勤めており、皆さんがよくご存じの歯面につけるブラケットやワイヤー等の矯正器具を製造販売しています。矯正歯科学は専門性が高く、自身の未熟さを日々痛感しておりますが、その中で本学の授業で培った歯科の前知識を生かし、日々歯科技工士として努力を重ねています。これからも人々の美しい笑顔と健康を守る手助けをしていきます。

道免そら 2016年3月卒業2回生 株式会社モリタ勤務

道免そら
2016年3月卒業2回生
株式会社モリタ勤務

私は歯科総合商社のモリタに勤めております。現在は歯科用レセプトコンピューターの販売と、サポートを行っています。
大学時代に学んだ歯科技工とは少し異なる分野ではありますが、より臨床的な歯科医療のサポートができることにやりがいを感じています。
モリタは2016年創業100年を迎えました。今後は、歯科医療の発展に貢献し、歯科技工業界も盛り上げていきたいと思います。

研究・進学~大学院修士課程・博士課程~

本学口腔保健工学専攻を卒業後、大学院に進学することができます。修士課程(2年)、博士課程(4年)があります。

増田夢子 2016年3月卒業2回生 大学院修士課程(口腔機能再建工学分野)

増田夢子
2016年3月卒業2回生
大学院修士課程
(口腔機能再建工学分野)

私は本学大学院の修士課程に進学し、鈴木哲也教授の下で学んでいます。口腔保健工学専攻での4年間を通し、将来は歯科技工の世界に貢献したい、そのためにもっと研究がしたいと感じたため、進学することに決めました。大学院の授業や研究では、今まで関わることのなかった分野の方々や留学生と交流する機会もあり、刺激を受ける毎日で充実しています。

教育

全国にある歯科技工士専門学校や短期大学、大学などの教員として学生の指導にあたります。