学外イベント

学外イベント

学会参加・発表

卒業研究で得られた結果を、日本歯科技工学会や口腔病学会などで研究成果発表を行っています。

2015年10月 日本歯科技工学会第37回学術大会にて

2015年10月 日本歯科技工学会第37回学術大会にて

International Oral Health Engineering Consortium (国際口腔保健工学コンソーシアム)

第1回 2018年
9月24日
東 京(日本) 口演発表3題
(4年生、修士2年)

第1回の国際口腔保健工学コンソーシアムが本学で開催されました。歯科技工士の国家資格がある日本、台湾、大韓民国の4年制大学6校が集まり、学部学生の教育についてのパネルディスカッションと学生による研究発表が行われました。研究発表ではコンペティションが行われ、学生が優秀な成績を収めました。

日本歯科技工学会

第36回 2014年
9月20日~21日
札幌市 ポスター発表7題
第37回 2015年
10月17日~18日
福岡市 ポスター発表7題
第38回 2016年
9月10日~11日
奈良市  
第40回 2018年
9月22日~23日
東 京 ポスター発表1題

日本顎顔面補綴学会

第32回 2015年
6月19日~20日
東京 口演発表1題
(修士課程1年)
日本顎顔面補綴学会

国際歯科技工学会

第5回 2013年
7月5日~7日
太田市 大韓民国
第6回 2017月
5月27日~28日
台北市 台湾
国際歯科技工学会

口腔病学会

第79回 2014年
12月4日~5日
東京医科歯科大学 口演発表2題
第80回 2015年
12月25日~26日
東京医科歯科大学 口演発表2題
第81回 2016年
11月25日~26日
東京医科歯科大学 口演発表2題、
ポスター発表1題
第82回 2017年
11月19日~20日
東京医科歯科大学 ポスター発表1題
(修士1年)
第83回 2018年
11月30日~12月1日
東京医科歯科大学  
口腔病学会

コンテストへの参加

International Oral Health Engineering Consortium

本学で開催された第1回コンソーシアムの口演コンペティションにおいて、本専攻4年の浦川絢加さんと、修士課程2年の山本宥佑さんとグェン・ヴ・ヴァン・アンさんが研究発表を行いました。浦川さんが第2位、アンさんが第3位という優秀な成績を収めました。

第1回 2018年
9月24日
東京医科歯科大学 東 京(日本)

日本歯科技工学会テクニカルコンテスト

日本歯科技工学会では学生テクニカルコンテストとして歯の彫刻を競います。全国の歯科技工士養成校から2名の学生が代表として参加します。本専攻では専攻内カービングコンテストの優秀者2名が代表者として選ばれ、コンテストに参加しています。

第36回 2014年
9月20日
札幌市
第37回 2015年
10月17日
福岡市
第38回 2016年
9月10日
奈良市
第40回 2018年
9月22日
東 京
  • 日本歯科技工学会テクニカルコンテスト
  • 日本歯科技工学会テクニカルコンテスト

国際歯科技工学会 学生テクニカルコンテスト・学生補綴作品コンテスト

国際歯科技工学会では、学生テクニカルコンテストとして歯の彫刻を競います。各学校・大学から2~4名の学生が代表として参加します。また、授業実習で製作した補綴装置の作品を補綴作品コンテストに応募することができます。

第5回 2013年
7月5日~7日
太田市 大韓民国
国際歯科技工学会 学生テクニカルコンテスト・学生補綴作品コンテスト
国際歯科技工学会 学生テクニカルコンテスト・学生補綴作品コンテスト

G1グランプリ

夏休み期間に学生自身が石膏の棒から上顎の歯を1本1本彫刻し、ワックスで歯肉の部分をつくって排列し、コンクールに応募します。和田精密歯研株式会社が主催しているコンクールで、歯科技工士養成校に在籍する学生が参加できます。

G1グランプリ

2013年G1グランプリで口腔保健工学専攻3年生1名が「入賞」しました。
2013年12月3日、主催された和田精密から表彰状が授与されました。

ほるほる

首都圏歯科技工士会連合会が主催する、石膏の棒を歯の形に彫刻するコンテストです。学生部門と有資格者部門があります。当日は発表された歯の部位を何も見ずに彫刻します。多くの学生がコンテストに参加しています。

動画で紹介!口腔保健工学専攻 動画で紹介!口腔保健工学専攻