特色ある学び2年次の学び

特色ある学び

2年次の学び

 2年生のカリキュラム例 (2019年4月入学~)

前期:4月~9月

 
1 口腔医学の基礎 歯の形態基礎実習 う蝕と歯周病/
科学英語Ⅰ
全部床義歯工学/
咬合学
口腔保健理工学
2
3 口腔保健理工学 全部床義歯工学 全部床義歯工学実習
4 口腔保健理工学実習 全部床義歯工学実習   口腔保健理工学実習
5 感染予防/ヘルスプロモーション
6
7        
8          

←横にスライドしてください。

後期:10月~3月

 
1 全身疾患と治療の基礎 歯の形態実習 歯冠修復工学 部分床義歯工学  
2 グローバル口腔保健工学
3 部分床義歯工学実習Ⅰ 歯冠修復工学基礎実習 部分床義歯工学実習Ⅰ
4 歯冠修復工学基礎実習 歯冠修復工学基礎実習
5
6
7      
8          

←横にスライドしてください。

 2年生の講義・実習

湯島地区で基礎分野(科学英語Ⅰ、ヘルスプロモーション、グローバル口腔保健工学)、専門基礎分野(口腔医学の基礎、全身疾患と治療の基礎、感染予防、う蝕と歯周病、歯の形態基礎実習、歯の形態実習、咬合学、口腔保健理工学・実習、精密鋳造学実習)、専門分野(全部床義歯工学・実習、部分床義歯工学・実習Ⅰ、歯冠修復工学・基礎実習)の講義、実習が行われます。「口腔医学の基礎」や「全身疾患と治療の基礎」では人体の構造や生命現象、病因や治療法について学びます。「ヘルスプロモーション」ではグループ演習や討論、課題発表と講義を併用しながら口腔保健の専門家としてのヘルスプロモーションに果たす役割と口腔ケアの実際を学びます。「口腔保健理工学」では歯科技工で用いる材料器械の原理や扱い方について学び、いろいろな材料の物性を測定します。「歯の形態基礎実習」、「歯の形態実習」では歯型彫刻を、「全部床義歯工学」では全部床義歯、「部分床義歯工学」では部分床義歯について、「歯冠修復工学」ではインレー、クラウン、ブリッジなどの補綴装置について学びます。「グローバル口腔保健工学」では日本の歯科技工、歯科医療の現況、日本と海外の歯科医療の違いについてなどの基礎を日本語で調べ、課題発表にまとめます。
2年次編入生は、それぞれの単位認定により個別のカリキュラムが編成されます。

科学英語Ⅰ

歯科医療で用いられる歯科英語(方向用語や歯の用語、技工で用いられる用語)を学びます。英語で自己紹介をしたり、歯科技工士について、本専攻について、本学についての紹介動画を英語で作成したり、外国の教員と英語で講義を受けたり会話をしたりします。

科学英語Ⅰ

ヘルスプロモーション

ヘルスプロモーションについて学びます。小グループに分かれて事前に提示された課題について自主学習し、皆でまとめていくというグループ演習と課題発表を行います。自ら率先して発言し、皆の意見を聞き、学んでいきます。さらに口腔保健衛生学専攻3年生との合同口腔ケア実習が行われ、口腔の健康についての教育と歯磨き指導を受け、正しいケアについて学びます。

ヘルスプロモーション

口腔保健理工学実習

歯科で使用する材料の特性を学びます。

口腔保健理工学実習

学外実習:会社見学

材料を製造開発している企業などに見学に行き、材料についての講義を受けたり実際に材料をさわって実習をしたりします。

学外実習:会社見学

全部床義歯工学・実習

歯が全く残っていない場合の義歯(全部床義歯)について学びます。実習では型取りのために使う個人トレーや総義歯を実際に製作します。

全部床義歯工学講義・実習

部分床義歯工学・実習

歯が一部欠損している場合の義歯(部分床義歯)の構造と製作法を学びます。実習では個人トレーや健康保険が適用されるレジン製の義歯を製作します。

部分床義歯工学実習

歯の形態基礎実習・形態実習

歯の形を彫刻します。

歯の形態実習

歯冠修復工学基礎実習

むし歯などで失った歯を修復するために、主に固定性の修復補綴装置の構造と製作法を学びます。

歯冠修復工学基礎実習

グローバル口腔保健工学

日本の歯科技工、歯科医療の現況、日本と海外の歯科医療の違いについて、調べ学習をしてグループでまとめます。3年の海外研修に向け、日本語でまとめてプレゼンテーションを行います。

グローバル口腔保健工学

救命救急実習(2年3年合同)

M Dタワーのスキルスラボで心肺蘇生法の講義や実習を行います。AEDを用いた一次救命処置の実習をしています。

救命救急実習(2年3年合同)

実習風景

一人1台の技工机で、一人一人丁寧な指導を受けながら実習を行います。

実習風景
動画で紹介!口腔保健工学専攻 動画で紹介!口腔保健工学専攻