メニュー

東京医科歯科大学歯学部博物館

※歯学部博物館リニューアルオープン(OPEN日未定)

東京医科歯科大学歯学部では、三浦不二夫先生のご発案により、歯学教育に役立てるため、1983 年から関係各方面からのご協力のもと、歯科に関わる歴史的に貴重な資料の収集を行い、小椋秀亮先生、本山佐太郎先生をはじめ、多くの先生方のご尽力により、1989年に東京医科歯科大学歯学部資料室が開設されました。開設15周年にあたる2003年には江藤一洋先生が資料室をさらに発展させ歯学に関心のある人誰もが勉強できる博物館にすることを計画、約1年をかけて長谷川成男先生を中心に収蔵、陳列ケースの増設、収蔵品の整備を行い、2005年にようやく整備が整いました。本年2020年に歯学部総務課をはじめ関係各位のご尽力により15年ぶりに全面改修が行われました。収蔵品には現存する世界唯一の木製のポストクラウンなど歴史的にも貴重で、興味のある遺産が多数あり、歯科医学の歴史的な変遷を垣間見ることができます。今後さらに歯学部博物館を充実させていくために、関係各位のご協力をお願い申し上げます。

木製つぎ歯(歯冠~黄楊) (合釘~うつぎ)

横山博蔵(二代か三代)

江戸後期(1780-1868年)

現存する世界唯一の木製のつぎ歯である(ポストクラウン)。 歯冠と合釘を別材で調整した木製つぎ歯は化政年間(1804-1830年)に横山博蔵(初代および二代)によって創案され、 合釘は乾燥木材の吸水による体膨張によって保持される仕組みになっている。 さらに金属線が歯冠から合釘に通して打ち込んであり、 合釘の離脱を防ぐとともに舌側面の裏装の役目も果たしている。(本山佐太郎氏所蔵品)

美人十容町屋の囲

喜多川歌麿

寛政年刊(1789-1801年)

錦絵/間判

お歯黒をした後に紅づけ茶碗を持って紅筆で唇を塗っている。 黒く輝く歯は、 白い肌、 紅い唇と相まって口もとの美しさを引き立たせ、 さぞ女性の色香を漂わせたことであろう。

一掃百捷より居合抜き、抜歯の回

渡辺華山

明治12年11月初版(1879年)

絹表紙/特製本/淡彩色摺/和八/ニ一丁/ 29cm/文政元年(1818年)自序/全楽堂版

渡辺華山は田原藩家老にして「慎機論」の著述でも知られる蘭学者、 絵師。晩年の傑作「鷹見泉石像」は国宝に指定されている。 一掃百態は26歳の時に一日二夜で描いたといわれ、 生き生きとした江戸庶民の生活が垣問見られる。 図には大道で弟子が居合抜きを演じ、 その横で高下駄を履いた男が歯を抜いている様子が描かれている。 通行人が足を止めて興味深げに見物しているのが共感をよぶ。