メニュー

臨床

旧東京医科歯科大学医学部附属病院(東京都文京区、病院長:内田信一)と、旧東京医科歯科大学歯学部附属病院(東京都文京区、病院長:水口俊介)は、2021年10月1日より一体化し、「東京医科歯科大学病院」としてスタートいたしました。

「世界最高水準のトータル・ヘルスケアを提供し、人々の幸福に貢献する」という新しい理念のもとに、患者さん中心の良質な全人的医療、高度先進医療の開発と実践、人間性豊かな医療人の育成などの基本方針に則り、人々の信頼に応える社会に開かれた病院でありつづけるため、引き続き精進いたします。

2021年10月1日東京医科歯科大学病院START
  • 歯学部附属病院
  • 先端歯科診察センター

東京医科歯科大学病院

病院長・首席副病院長ご挨拶

東京医科歯科大学病院 病院長 内田 信一

東京医科歯科大学病院 病院長 内田 信一

東京医科歯科大学病院は2021年10月1日にスタートしました。これまで2つの病院を支えてくださった皆様に深く感謝いたします。「世界最高水準のトータル・ヘルスケアを提供し、人々の幸福に貢献する」という理念と4つの基本方針は、「安全良質な高度・先進医療を提供しつづける、社会に開かれた病院」という医学部附属病院の理念と、「優れた医療人の育成に努め、患者さん一人ひとりにあった2最高水準の歯科医療を提供する」という歯学部附属病院の理念を継承しつつ、さらに高いレベルの「東京医科歯科大学病院」をスタートさせるために定めたものです。医学部附属病院と歯学部附属病院という2つの病院が一体化することにより「頭から足先まで」トータルに全身を診ることで、今まで以上に患者さんの健康に貢献できる医療を提供してまいります。一体化によって医学と歯学の融合が進み、互いに相乗効果を発揮して、より高いレベルの医療を提供できると考えております。
2つの病院は2020年からは新型コロナウイルス感染症対策にも積極的に貢献しています。困難な局面に対しても「コロナから患者さんと仲間を守る」というスローガンの下で、職員全員が一致団結し、大きな力を発揮することができました。
私の専門は腎臓内科です。近年、腎臓疾患と口腔内の健康状態に関する研究報告が発表されていますので、病院一体化で新しい研究成果を発信することに大きな期待を抱いております。
2023年度には「機能強化棟」が完成予定で、新時代の救急医療と高度先進医療を提供する拠点、そしてお茶の水・湯島に集う人々のオアシスが誕生することにも胸が高鳴ります。2つの病院を束ねる初代病院長として、これから学ぶべきことが多々ありますので、皆様のご指導やご協力をいただけますよう、心よりお願い申し上げます。

東京医科歯科大学病院 首席副病院長 水口 俊介

東京医科歯科大学病院 首席副病院長 水口 俊介

東京医科歯科大学病院として新たな幕が開きました。新しい病院の理念には、「世界最高水準のトータル・ヘルスケアを提供」という使命が掲げられています。すでに東京医科歯科大学の歯学分野は日本第1位、世界第5位で、医学分野でも日本第4位の高い評価を獲得(*注)していますので、今まで培ってきた2つの病院の実力を、病院一体化によってさらに大きな力にまとめ上げて、この理念を実現させるために精進してまいります。
初代の首席副病院長として、私は「歯系診療部門」を統括する役割を担うことになります。内田信一病院長との連絡を緊密に取って、東京医科歯科大学病院らしいトータル・ヘルスケアを一人でも多くの患者さんに提供できるような体制整備を推進します。
私の専門は高齢者歯科学と全部床義歯補綴学で、簡潔には高齢者の口腔ケアと総入れ歯の制作を行っています。口は栄養の入り口で、特にさまざまな疾患を抱える高齢者のトータル・ヘルスケアには、口だけでなく全身面での健康管理が必須となるため、病院一体化によってさらにきめ細かい診療を提供し、新しい研究成果を世界に発信できると期待しております。
医学部附属病院と歯学部附属病院が一体化することによって次々に生まれる新しい成果が、人々の健康に貢献し、「唯一無二の病院」として世界中の人々から注目していただけるように職員が一丸となって奮励努力してまいります。

*注:2021 年 3 月英国の世界大学評価機関クアクアレリ・シモンズ(QS)による

先端歯科診療センター

先端歯科診療センターは高度で専門的な歯科治療を効率的に提供することを目的とし、各専門診療科で行っている治療を、複数外来の歯科医師がチームで包括的に行うセンターです。先端歯科診療センターでは専門医が集結し、特殊な場合を除きセンター内で診療が完結するようにいたします。先端歯科診療センターでは「保険診療の枠組みにとらわれない」最高の診療を行いますので、診療全般を自由診療にて行います。最高水準の歯科治療の提供に伴い、診療機器、診療ユニット周りのスペースや装備、アメニティなども最新のものを取り入れ、従来の歯学部附属病院にはない診療室として、また未来の附属病院の診療室の先駆けとして誕生しました。
2015 年10 月、歯学部附属病院の4Fで、これまでの既存の設備を改修した形で運用が開始されました。この3 年余り、狭いユニットなど若干の不便がありましたが、多くの患者さんに最高水準の歯科診療を提供できたと自負しております。2019 年7 月より病院3Fに移動し、先端歯科診療センターの第2幕を開始しました。そこでは、個室感あふれる診療ブース、ユニット周りの広いスペース、待合室、セキュリティに配慮した患者さんの誘導や、安全安心を確実なものとする器材の運用など、革新的なシステムを導入、患者さんから高い評価をいただいています。
今回のリニューアルは病院改革の第一段階でもあり、今後の歯学部附属病院改修に伴い、このセンターのように整備された診療室の増加が期待されています。当センターは本学だけでなく日本の歯科大学病院のモデルにもなると考えられます。未来の歯科大学病院像を見ることができると言えるでしょう。