全分野紹介

硬組織薬理学分野

助教
田村 幸彦
no_image
所在地
M&Dタワー7F南側
TEL 03-5803-5461
FAX 03-5803-0190
MAIL
kazu.hpha(ここに@を入れてください)tmd.ac.jp
分野HP
http://www.tmd.ac.jp/hpha/index.html

分野概要

初代教授である岡田正弘先生(第二代学長)が開発された硬組織内時刻描記法を応用した細胞機能解析法を用いて、硬組織に対する薬効を評価するという形態学的解析を基盤とした研究を継続してきた。2000年からは、炎症時にマクロファージなどから分泌されるTNF-αおよび骨代謝に重要なRANKL分子をターゲットとした骨疾患治療薬の開発に注力してきた。歯科臨床へ応用できるペプチド医薬品開発に向けた創薬標的の同定およびその作用機序の解明を進めている。

骨形成因子BMP-2と
骨形成促進ペプチドOP3-4による骨造成法

研 究

(1) 歯、骨の形成· 吸収機構の薬理学的解析

(2) 硬組織疾患治療薬の新規創薬標的の同定

(3) 硬組織再生療法のトランスレーショナルリサーチ

(4) ペプチド薬の臨床応用に向けた担体研究

(5) 口腔組織に発現する薬物副作用の解析

教 育

薬理学は、基礎と臨床をつなぐ学問であり、学部学生は臨床で使用される薬物を体系的に学ぶ。薬理実習を通じて動物を用いた生物学的検定法の実際を学び、実験科学としての薬理学を理解する。また、病態科学演習においては、体系的に学んできた基礎医学の知識が、臨床においてどのように生かされる知識なのかを学びとることを目標とする。

歯学科
1年 モジュール:歯学入門
基礎情報医歯学_研究における画像処理
3年 2つのモジュール:生体と薬物、および病態科学演習
薬理概説 (薬理Ⅰ:総論)
神経系と薬物/麻酔薬/組織の損傷・炎症・治癒過程と薬物 (薬理Ⅱ:各論1)
感染の予防および治療薬/内科的疾患とその治療薬 (薬理Ⅲ:各論2)
薬物と生体反応の実際 (薬理Ⅳ:薬理実習)
病態科学演習(9つのセッション:嚥下、開口、遺伝子疾患、循環器疾患(心電図演習含)、疼痛、粘膜疾患、感染症、腫瘍、糖尿病)
4年 モジュール:研究実習
研究実習

口腔保健学科口腔保健衛生学専攻
2年 2つの授業科目:疾病の成り立ちと回復過程の促進、口腔保健衛生基礎科学実習
薬理学、薬理実習
3年 授業科目:歯科薬理・薬剤学
歯科薬理・薬剤学