口腔保健学科    学科長あいさつ

学科長 泰羅 雅登

 東京医科歯科大学歯学部口腔保健学科は、口腔保健衛生学専攻と口腔保健工学専攻の2専攻からなっています。

 口腔保健衛生学専攻の前身は1951年に創設された歯学部附属歯科衛生士学校で、2004年に4年制大学となりました。卒業時には、歯科衛生士の国家試験受験資格および学士(口腔保健学)が得られます。今後ますます重要になる多職種連携を担う専門職の養成を目指して、医学科や歯学科をはじめとする他学科との合同実習・演習を実施しています。基礎知識の修養と基礎的な手技を身に着けるための基礎実習などを行なった後に、歯学部・医学部附属病院などの医療機関において実習をします。さらに、グローバルな視野を備えた歯科衛生士を育てるため、様々な海外研修奨励制度や海外の大学との大学間交流などの活発な国際交流を奨励しています。

 一方、口腔保健工学専攻は2011年に設立されました。その前身は1952年に創設された歯学部附属歯科技工士学校です。卒業時には、歯科技工士国家試験受験資格および学士(口腔保健学)が取得できます。学生は本専攻で幅広い教養と口腔と全身の健康に関する知識と高度な専門的技術を学びます。歯科医療技術者の一員として、温かく豊かな人間性を有する歯科医療技術者を養成するため、口腔保健の質の向上、口腔機能や審美性の回復において、より高度な匠の技と科学技術の融合を目指した教育を行っています。

 口腔保健学科で教育を受けた専門家が国際的視野を持ち、口腔保健を通じて人々の健康で幸せな生活をサポートしてくれることを期待しています。

東京医科歯科大学 歯学部 口腔保健学科長
荒川 真一