沿革・歴史

歯学部の歩み



1928~
東京高等歯科医学校の創設

1928年10月
東京高等歯科医学校を設置
1930年12月
湯島に移転し、東京高等歯科医学校第一附属医院を開設。神田錦町の附属医院は第二附属医院と改称。
  • 開校直後の東京医科歯科大学の校舎(神田錦町 昭和4年頃)
  • 湯島移転後の東京高等歯科医学校正門。(昭和5年末)
  • 東京高等歯科医学校第一附属医院(湯島地区)
  • 東京高等歯科医学校第二附属医院(神田錦町)
  • 第二附属医院の玄関口
  • お茶の水橋付近より見たニコライ堂(昭和10年頃/内山栄一氏 寄贈)
  • 本館中庭にて、ドイツ語担当の外国人講師を囲んでの記念撮影
  • 聖橋から見た新校舎本館(昭和10年頃)
  • 島峯先生の講義風景
  • マネキン人形を用いた模型実習に取り組む学生
  • 藤田恒太郎教授の指導による組織学実習
  • 大治療室での臨床実習

1944~
東京医学歯学専門学校の設置

1944年4月
東京医学歯学専門学校歯学科を設置
1946年8月
東京医科歯科大学歯学部(旧制)および予科を設置
  • 1947年(昭和22)年11月、千葉県市川市国府台に旧軍用建物を利用しで開設された国府台分院
  • 1944(昭和19)年当時の教員と生徒
  • 東京医学歯学専門学校の教授陣

1951~
東京医科歯科大学(新制)の設置

1951年4月
東京医科歯科大学歯学部(新制)歯学部を設置
附属歯科衛生士学校を設置
1952年4月
附属歯科技工士学校を設置
  • 国府台進学課程の正門と本部
  • 1952(昭和27)年頃、戦後復興期に撮影された本学校舎と湯島地区

1960~
歯学部創立50周年

1978年10月
歯学部創立50周年を迎える
  • 歯学部附属病院の玄関口
  • 1962(昭和37)年の湯島キャンパス全景
  • 1944(昭和19)年当時の教員と生徒
  • 東京医学歯学専門学校の教授陣

1980~
歯科新棟が竣工

1999年4月
大学院医歯学総合研究科(3専攻)を設置
2004年4月
国立大学法人東京医科歯科大学に移行
歯学部口腔保健学科を設置
2008年10月
創立80周年を迎える
  • 保存学実習の示説。実習前の講義は階段教室で行われた。
  • 歯科新棟に移転する前の大治療室。
  • 柱のない広大な部屋に100台を超える治療用ユニットが配置。歯学部自慢の治療室であった。
  • 1982(昭和57)年、歯科新棟が竣工
  • 2002年(平成14)年、10号館(旧総合教育研究棟)が竣工
  • 臨床基礎実習でのひとコマ
  • 千葉県市川市国府台にある教養部の校舎
  • 教養部の正門
  • 歯学部附属病院のロビーにある受付
  • 附属図書館と情報処理センターを統合し、さらにメディア教育開発機能を加えた東京医科歯科大学「図書館情報メディア機構」
  • 2000年代に入り、さらに充実した設備が整った大治療室
  • 現在の大学全景

初代校長・学長及び歴代学部長・病院長

初代校長・初代学長

  • 島峰 徹
  • 長尾 優

歯学部長

  • 檜垣 鱗造
  • 中村 平藏
  • 髙橋 新次郎
  • 中澤 勇
  • 三村 二
  • 桐野 忠大
  • 石川 梧朗
  • 小椋 秀亮
  • 中村 嘉男
  • 江藤 一洋
  • 田上 順次
  • 森山 啓司
  • 興地 隆史

歯学部附属病院長

  • 中村 平藏
  • 髙橋 新次郎
  • 上野 正
  • 村井 竹雄
  • 山下 浩
  • 石原 壽郎
  • 久保田 康耶
  • 林 都志夫
  • 鈴木 賢策
  • 三浦 不二夫
  • 砂田 今男
  • 細田 裕康
  • 大山 喬史
  • 黒崎 紀正
  • 早川 巌
  • 嶋田 昌彦
  • 若林 則幸