研究

東京医科歯科大学歯学部では、口腔科学に関する基礎的・臨床的研究を幅広く進め、
医学・歯学の進歩と発展に貢献するとともに、国民の健康増進を図ることを目指しています。

口は私たちが生命を維持するための外界との接点であり、食物を咀嚼(かむ)、嚥下(飲み込む)することはもとより,体外の様々な害的物質から生体を防御する役割も担っています。さらに、味を楽しむ(味覚)、話す(言語)など、生活の質(QOL)を維持するために高度な機能を担う器官でもあります。そのような口腔環境と全身の健康が密接な関係を持つことがわかりつつあります。例えば歯周病やむし歯などの口腔疾患は糖尿病や心筋梗塞などの生活習慣病を悪化させることが知られています。また、高齢化社会の到来とともに、口腔機能が低下することにより、心身機能の低下に拍車がかかることが問題となりつつあります。さらに、口腔がんなどの難病により奪われる尊い命の数は年々増えつつあり、生まれながらの頭蓋、顔、あごの形成異常とともに口腔関連の難病の解明は急務です。つまり、より健康に長生きするためには口腔環境を健康に保ち、口腔関連疾患の治療法を開発することが重要になります。

私たちの研究

東京医科歯科大学

東京医科歯科大学は、文部科学省の公募型大型プロジェクトである平成25年度「研究大学強化促進事業」の支援対象機関に選定され、リサーチユニバーシティ(RU)として研究戦略や知的財産を担う研究マネジメント人材群の確保・活用や、集中的な研究力強化に取り組んでいます。


具体的には、東京医科歯科大学RU推進機構を設置し、学長のリーダーシップの下でガバナンス強化を進めるとともに、人材確保、研究環境の整備、産学連携推進を図ることで、世界大学ランキングトップ100入りを果たすことを目指しています。

さらに本学では、研究活動を支える学内共同研究施設として、産学連携研究センター、疾患バイオリソースセンター、医歯学研究支援センター、再生医療研究センター、実験動物センター、臨床試験管理センター、生命倫理研究センター、医療イノベーション推進センター、脳統合機能研究センターを整備し、大学全体として研究力を強化するシステムの構築に努めています。


このように研究を志す者にとっては恵まれた環境において、歯学部は、口腔科学に関する基礎的・臨床的研究を医学部や生体材料工学研究所ならびに難治疾患研究所などと連携しながら推進しています。詳しい研究の内容については、「最先端口腔科学研究推進プロジェクト」のページをご参照下さい。

顕微鏡