カリキュラム

カリキュラム

カリキュラムポリシー

 東京医科歯科大学の教育理念、および歯学部歯学科の教育理念に基づき、「豊かな人間性を有し、使命感をもって全人的な歯科医療を実践し、国民の健康の維持・増進に寄与するとともに、国際的視野から歯科医学・歯科医療の向上に貢献できる指導者を育成する」ことを見据えたディプロマ・ポリシーを実現するために、カリキュラムの策定方針を以下の通り定める。


学生が次の資質を修得することを、カリキュラムの目的とする。

  1.  臨床的な視点で研究を実践するClinician Scientistを志す研究者としての資質
  2.  科学的な視点で根拠に基づく歯科医療を実践するScientific Clinicianの資質
  3.  日本および国際社会における歯科医療・歯科医学を牽引する指導者としての資質

カリキュラムは次の方針に従って策定する。

  1.  学習成果基盤型とし、最新の歯学教育モデル・コア・カリキュラムの到達目標に加えて、本学独自の到達目標を設定する。
  2.  学生の興味、学習準備状況、学習進度に柔軟に対応するため、多様な学習スタイルを想定した授業配置とする。
  3.  学生の好奇心、探求心に基づき、自由な発想で自律的に学習する力を養うため、学生主体のアクティブラーニングを全科目で実施する。
  4.  連携力・指導力を育成するため、学科横断・学年縦断科目により、学生が共に学び共に教えあう機会を設ける。
  5.  研究マインドを涵養するため、研究室に長期間配属する研究実習を実施する。
  6.  学習の動機付けと学習内容の統合を支援するため、低学年からの早期臨床体験実習を実施する。
  7.  世界最高水準のトータル・ヘルスケアを提供する力を養うため、充実した診療参加型臨床実習を実施する。

ディプロマポリシー

 歯学部歯学科では、全学共通科目・専門科目の一部を除き多くの科目が必修であり、学年ごとに設定された進級要件(東京医科歯科大学全学共通科目履修規則及び東京医科歯科大学専門科目履修規則)を満たし、卒業までに、所定の単位を修得し、包括臨床実習受講の資格条件としての共用試験の合格、包括臨床実習終了時の臨床能力判定試験の合格とともに、以下の要件を満たしている者に学位を授与する。

1.幅広い教養と豊かな感性

 自然科学、社会科学、人文科学の全学共通科目を履修し、幅広い教養と医療者としての豊かな人間性を涵養している。また、専門科目、関連する医学教育科目の履修を通じて、基本的な科学原理と概念を理解し、生命科学知識を修得している。

2.問題提起、解決能力

 全教育課程で修得した知識・技能・態度とともに、研究実習を通じて、科学的探求心をもち、自ら問題を発見し、新たな課題を解決する力を涵養している。

3.歯科医師としての基本的資質・能力

 専門科目、関連する医学教育科目、多職種連携科目の履修を通じ、地域、歯科医療現場で多様な場や人をつなぎ活躍できる歯科医師としての基本的資質・能力を修得している。

4.国際性

 全学共通科目や専門科目を通じて、医歯学英語を修得するとともに、世界の歯科事情、国際貢献等の国際性を涵養している。

 本学は、以上の要件を満たした卒業生が、国民の健康の維持・増進のために、使命感を 持って歯科医療を実践するとともに、国際的視野に立って歯科医学・歯科医療の進歩・発展に貢献することを強く望む。

カリキュラム 概要

カリキュラム1

医歯学融合教育

 わが国では、超高齢社会や医療の複雑化に対応できる歯科医師の育成が必要とされているとともに、多職種間で連携・協調の取れた包括医療を実践できる人材が必要とされています。本学では、2011年度入学生より、医学部と歯学部の複数学科の学生が共通目標に向かって学ぶ医歯学融合教育が開始されました。医学科と歯学科の学生が卒業時に獲得しておくべき知識・技能・態度のうち、特に共同で学ぶことで学習効果が高まるもの、さらに将来の連携・協調のもとの包括医療提供の基盤となるものを教育対象とし、6年間を通して様々な学習段階でともに教え合いながら学ぶ機会です。具体的には、医歯学基盤教育、頭頸部・基礎、頭頸部・臨床、総合診療・地域医療、包括医療統合教育(チーム医療入門)などがあります。最も特徴的なのが複数学科の学生が一堂に会して行われる包括医療統合教育「チーム医療入門」です。学士課程全学科・専攻の最終学年学生全員が参加して行う少人数議論を中心とした多職種連携教育(IPE)であり、医・歯・社会的な問題を抱える患者の立場を理解し、数々の問題を参加学生で共有し解決することで学びを深める授業です。多角的な議論を行うために、学外から薬剤師・社会福祉士を目指す学生を招聘するプログラムでもあり、2日間の授業では、300人、40班を超える規模での症例検討、患者講師による講演を含む包括的な教育アプローチなどの充実した授業を実施しています。コロナ禍の中では、遠隔授業形式での実施を通してこれら授業の充実化を進めています。また、新たな教育プログラムとして、2020年に、低学年から高学年への橋渡しを目的に、医・歯・看護学生のための多職種連携プログラム「チーム医療導入」を開始しましたが、2021年には、学士課程全学科・専攻が参加するプログラムとして発展させ、さらなる多職種連携教育機会を創り出しています。

 本学でしか学べない教育

カリキュラム2

・医歯学基盤教育

 2年次から4年次までの週1日に医学、歯学を学ぶ上で基盤となる「グローバルコミュニケーション」「臨床統計」「生命倫理」を学ぶ医歯学基盤教育を行っています。
 このカリキュラムでは、医学/医療の分野において、地球規模で問題となっているトピックや倫理的問題に精通し、世界標準言語である英語で論理的に考え議論/協働できることが重要と考え、臨床統計の概念と背景理論理解し、臨床データ・情報の厳密な吟味のもとに科学的根拠に基づく患者主体の最良の医療・歯科医療を提供できる医師・歯科医師に不可欠な基盤を学ぶことができます。

・頭頸部ブロック

 2年次に「頭頸部基礎ブロック」、3年次に「頭頸部臨床ブロック」をそれぞれ3~4週間集中して受講します。
この「頭頸部基礎ブロック」では、両学科の学生が脳を除く首から上の部位に関する正常な構造・機能に関して、両学科の解剖学や生理学の教員の講義を受講し、並行して2学科合同の実習を行い、頭頸部への理解を深めています。
 また、「頭頸部臨床ブロック」では、頭頸部領域の疾患を理解する上で必要となる眼科、耳鼻咽喉科、頭頸部外科、形成外科、口腔外科の講義を主に受講します。講義の形態として、患者参加型講義等も行われます。

・総合診療・地域医療ブロック

こちらは「頭頸部臨床ブロック」と同様に3年次に2週間集中して行うブロックです。
このブロックでは、実際に地域で展開されている医療・歯科医療などを知り、地域住民のニーズに合致した医療や多職種連携を理解し、全人的医療を実現させる総合診療、地域包括ケア、そして地域共生社会の重要性を認識できるようにすることを目的としています。

・包括医療統合教育

 包括医療統合教育は、5年次から6年次にいたる臨床実習の途中で行われるコースです。ここでは医療機関のなかで行われる診断治療に限らず、社会と医療の関わりについても学びます。このうち、いくつかの授業は医学科と歯学科合同で行われます。また、臨床実習のなかにも、両学科の学生が共に学ぶ機会があります。
このコースのなかに、本学学士課程全学科(専攻)の最終学年学生が全員参加して行う専門職連携教育ワークショップ「チーム医療入門」があります。こちらは2012年度から患者さんの立場で最良な包括的ケアを提供する人材の育成を目的として導入されており、参加した学生は症例に沿った問題解決のために、自身の職種の専門性を発揮しながら、患者中心の最良な医療のために議論・協働を行います。2日間という短い期間ですが、最初は緊張していた学生も次第に打ち解けて、後半には、白熱した議論を展開し、他職種への理解、チーム医療の構成員として自分が果たすべき役割と連携する必要性を認識しています。
 2020年度・2021年度のチーム医療入門は、オンラインでの実施となり、7〜8人グループで順番に1人ずつ発言する少し硬い雰囲気になりましたが、ひとりひとりの発言にすべてのグループメンバーが耳をかたむけ、例年よりていねいに議論されていました。

・チーム医療導入

 医療についての学習を始めたすべての学科・専攻の学生が、実際の臨床実習に参加する前の低学年のうちに患者中心の医療を学ぶワークショップを行います。AYA世代でがんの闘病を経験した患者講師とAYA世代の医療に詳しい非常勤講師を招いています。学科混合のグループで、実際に自分がいろいろな治療を組み合わせなくては治らない病気になった場合、どう考えるのか?を想像し、想像が難しかった点を短文の質問にまとめます。後半のシンポジウムでは、質問に答えるようなかたちで患者講師から闘病の経験を聞き、医師から医療者がどのように支えたか聞き、それぞれの学生が患者の視点で考える重要性を学びます。

(左)4学科混合のグループ討論は、今年度はZoomを用いました。(右)60の班から次々と質問があがり、この質問をもとにシンポジウムが行われました。

・チーム医療入門

 最終学年のすべての学科・専攻の学生と、社会福祉を目指す学生(早稲田大学、上智大学)、薬剤師を目指す学生(星薬科大学)が、学科混合のグループで話し合い、専門職連携の重要性、患者中心の医療の重要性を学ぶワークショップを行います。口腔と全身に疾患がある患者さんの仮想シナリオを用いて、それぞれが学んできたことでこの患者さんをどう治療・ケアするかについて意見を述べ、意見を聞きます。参加した学生は、自分が考えていなかった視点、お互いの専門性について学びます。より良い連携をするためにはまず自分の専門性を磨くことを改めて決意する機会にもなります。

グループ討論(上)は学科混合、チューター毎の発表会(下)では全8職種を目指す学生で議論します。

・卒業時に習得しておくべき知識・技能・態度

カリキュラム3

充実した臨床実習と卒後臨床研修への連結

 包括臨床実習

 本学歯学部開設以来の伝統として、診療参加型臨床実習を行っています。すなわち第5 学年後期〜第6 学年学生に対して、約1 年間学生用の診療室において患者治療を直接行う経験を積むものです。学生は日本で最大の1 日来院外来患者数を誇る歯学部附属病院の患者で承諾が得られた患者を担当します。原則として患者の医療面接から、診断、処置、予後観察、メインテナンスに至る包括的全人的な治療の実践を経験します。この結果将来のプライマリ・ケアを担える態度・知識・技術の育成が行えます。また、臨床実習に上がる前には、学生が円滑に患者治療を実施できるための予備的な訓練が約3カ月行われます。専門的知識と技術、および学生指導能力に優れた臨床インストラクターの数も豊富です。さらに学生診療室以外の歯学部附属病院専門診療科へのローテーション実習プログラムも数多くあり、基本的な歯科治療技術の修得とともに、専門的歯科領域の理解も深められるカリキュラム構成となっています。

 卒後歯科医師臨床研修

 2006 年4 月から卒後歯科医師臨床研修制度が義務化されました。本学歯学部附属病院は全国の45 の協力型臨床研修施設と提携しており、大学附属病院では経験できない地域密着型の歯科診療についてもあわせて研修できる研修プログラムを含め、本学だけでなく他の大学出身者にも対応した3 つのプログラムを用意しています。

 後期歯科医師臨床研修(レジデント)

 本学歯学部附属病院では1 年間の卒直後歯科医師臨床研修プログラムを修了した歯科医師に対し、後期臨床研修プログラムを提供しています。専門医になるための専門科研修コース、総合診療を習熟するための総合診療研修コース、両者を並行して行える研修コースを設定しています。

充実した臨床実習と卒後臨床研修への連結
充実した臨床実習と卒後臨床研修への連結
充実した臨床実習と卒後臨床研修への連結
充実した臨床実習と卒後臨床研修への連結

 スキルスラボラトリー

歯科診療においては、症例を分析し適切な診断を行うための豊富な知識や判断能力、推論能力とともに、適切な診療を実行するための技術が必要となります。本学統合教育機構には、医療・歯科医療の技術研鑽の場として、スキルスラボⅠ(医学系)・スキルスラボⅡ(歯学系)があり、スキルスラボⅡには、歯科医師・歯科衛生士の技術修練を目的に、歯科臨床シミュレーションユニットが6台、VR歯科シミュレーターが2台、歯科用実体顕微鏡1台、歯科用器材・材料が設置されています。歯科診療で行われる一連の診療行為(切削・充填・仮封冠製作・髄腔開拡・歯石除去・印象採得など)をマネキンヘッド上で実施可能で、学生・歯科医師(大学院生・研修歯科医など)が毎日自主的に修練しています。また、自己研鑽の場としてだけではなく、開業医(非常勤講師)による臨床テクニック講習(定期開催)、復職歯科衛生士の研修に利用され、VRシミュレーターは、高校生や低学年学生での歯科医療体験にも活用されています。自ら行動を起こし研鑽を行うというプロフェッショナルとしての姿勢獲得の点でも重要な施設となっています。
コロナ禍にもかかわらず、2021年度には延べ1415名の利用がありました。

スキルスラボラトリー

出典:2022年 東京医科歯科大学 歯学部概要